現在位置: carview! > バイク > ニュース > グッズ > H-D東久留米のカーナビをツーリングモデルに埋め込み、最新のインフォテイメントシステムを超える機能を!

ここから本文です
グッズ 2018.12.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーレー2019年モデルにおいて、一部モデルを除いてインフォテイメントシステムが刷新されたツーリングファミリー。日本語表示が可能になり、Apple CarPlayにも対応し、Apple Map、およびGoogle Mapsを使ってのナビ機能が使えるようになった。旧モデルのオーナーにとってはなんとも羨ましい機能であることは間違いない。

そこで紹介させていただきたいのがH-D東久留米が12月下旬より発売予定のカーナビだ。2014~2018年モデルのFLTR、FLHX、FLHXS、FLTRX、FLHTK、FLHTKL、FLHTRUなどのインフォテイメントシステムと交換して埋め込むことにより、高画質、高音質のナビ機能が使えるという優れもの。さらに動画や音楽も楽しめ、Bluetoothでスマホとの接続も可能となっている。もちろん防水仕様なのでご安心を!(バイクブロス)