現在位置: carview! > バイク > ニュース > グッズ > 秋のキャンツーはコレで決まり! ドッペルギャンガーから「ターポリンツーリングドラムバッグ」が登場

ここから本文です
グッズ 2019.9.11

秋のキャンツーはコレで決まり! ドッペルギャンガーから「ターポリンツーリングドラムバッグ」が登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッペルギャンガーから「ターポリンツーリングドラムバッグ」が販売中だ。

キャンプツーリングでの使用を想定したこのバッグはレインカバーを必要としない防水仕様で、バックル式の専用固定ベルトを採用することにより素早い着脱が可能。バッグ内部にはコアボードが3面に封入されており、走行中の荷崩れを防ぐ構造となっている。容量は荷台が狭いスポーツバイクにも積めるよう30Lに設定。カラーはブラック1色のみ。価格はオープン価格(税抜き参考価格/1万1,000円)となる。

そのすべてがバイク専用設計! 即着脱・防水に技ありの、キャンツー向け防水ドラムバッグ発売。

【写真1】

ビーズ株式会社(所在地/大阪府東大阪市、代表/大上響)は2019年9月10日(火)、ツーリング・ガレージングブランドの「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、即時着脱・技あり防水でバイク専用を追求したキャンプツーリング向けバッグ「ターポリンツーリングドラムバッグ DBT511-BK」を発売します。

バイク乗りが求めるバッグとは

バイク乗りがキャンプツーリングに持っていきたいシートバッグとは、簡単かつ手早い着脱と走行中の振れに負けない確実な固定の両立。続いて、雨に降られても現地到着時に荷物が水濡れしていない、“頼れる”防水に尽きます。
"すべてを満たす"を目指して
DOPPELGANGER(R)は上述の要望すべてを満たすシートバッグをコンセプトとして掲げ、ツーリングのベストシーズンである秋を目指して開発を進めてきました。このほど独自のデザインや仕様で課題をクリアしたドラムバッグが完成。万を持して、まずブラックカラーからリリースいたします。

【写真2・3】

「ターポリンツーリングドラムバッグ」とは

「ターポリンツーリングドラムバッグ」は専用固定ベルトを用いて、バックルで瞬時に着脱できる仕様です。荷物の型崩れを抑えて装着の安定感を高めるPEボード「コア・ボード」を三面に封入。装着時はバックルが「コア・ボード」上に来るよう配置されており、ベルトの張力でシートに密着する効果を発揮します。

【写真4・5】

雨や泥をはじくタフなターポリン防水仕様で、非防水のツーリングバッグに付属しているレインカバー着脱のわずらわしさがありません。裏に防水ポケットを備える「フローティングトップフラップ」は、追加の荷物を挟むコンプレッションパーツも兼ねています。容量は30Lに設定。厳選されたキャンプ用品の収納とともに、リアシートが比較的短いスポーツバイクにも積載できるよう配慮しています。

【写真6・7】

製品スペック詳細

■ブランド名/DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)
■商品名/ターポリンツーリングドラムバッグ
■品番/DBT511-BK
■カラー/ブラック
■サイズ/W50×L(D)30×H30cm
■最大積載重量/10kg
■容量/30L
■材質/ターポリン
■重量/1.4kg(付属品含む)
■付属品/固定用ベルト×2、ショルダーベルト×1
■希望小売価格/オープン価格(税抜き参考価格:1万1,000円)

お問い合わせ

ビーズ株式会社 製品サポート
TEL/050-5305-9905

リリース = ビーズ株式会社(2019年9月10日発行)

(バイクブロス)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加