現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【ホンダ】リッタースーパースポーツ「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」の電子制御機能を熟成し1/18発売へ

ここから本文です
車両 2018.11.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダはスーパースポーツモデルの「CBR1000RR」と電子制御サスを備えた「CBR1000RR SP」のカラーリングのストライプデザインを一部を変更し、電子制御機能を熟成させ2019年1月18日(金)に発売する。電子制御ホンダ・セレクタブルトルクコントロールHSTCにおいて、加速時や旋回中の後輪スリップや前輪浮き上がりを抑制する制御介入量が3段階で選択可能になり、スロットルバイワイヤはその応答性や同パワーセレクタでレベル1の特性を変更、またスーパースポーツモデル専用ABSの設定を変えるなど、電子制御機能の向上により操る楽しみが増した。

カラーバリエーションは、CBR1000RRがマットバリスティックブラックメタリック(204万6600円)、グランプリレッド(207万9000円)の2色展開、CBR1000RR SPがトリコロールイメージのグランプリレッド(249万4800円)の1色を設定している(すべて税8%込み)。(バイクブロス)