現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【ADIVA】軽二輪クラスのEVスクーター「VX-1」が国内導入へ!50台限定モニタープログラムも12/1~開始

ここから本文です
車両 2018.11.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADIVAは軽二輪(250cc)クラスの電動スクーター「VX-1」の国内販売を開始すると発表した。「電動バイクならではのライディングの楽しさを実現する」というコンセプトのもと誕生した軽二輪電動スクーター「VX-1」。大型のウインドスクリーンやダブルシートを装備、パワーユニットにはリアホイールに直結した軽量でコンパクトなアディバ独自の「インホイールモーター」を採用し、時速100kmまで6秒で到達する加速性能を実現している。また、加速・減速・後退をスロットルだけで操作できる「マルチファンクションスロットル」を装備、走行状態でスロットルを戻すだけで、減速とともにバッテリーへ補充電ができる。バッテリーは100V・200Vの交流に対応し、家庭用コンセントに付属の充電ケーブルを差し込むだけで簡単に充電が可能だ。より短時間で充電したい時は、国際規格である「SAE J1772ソケット」を使用し200Vの充電機器に接続すればいい。

VX-1では7.2kWh、10.8kWh、14.4kWhと、バッテリー容量の異なる3つの仕様が設定されており、充電時間や走行距離などライダーのスタイルに合わせて選択が可能だ。カラーはホワイト、レッド、ブラックの3色展開、価格は7.2kWh仕様が114万円、10.8kWh仕様 が138万円、14.4kWh仕様が162万円(すべて税8%込み)だ。(バイクブロス)