現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【カワサキ】空冷バーチカルツインエンジンはそのままに復活を遂げたW800のニューモデル、W800 CAFE/STREETが3/1 に発売

ここから本文です
車両 2019.2.5
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月に発売されたファイナルエディション以来、復活が持ち望まれていたカワサキのW800が、2019年3月1日に「W800 CAFE」&「W800 STREET」として生まれ変わり発売される。W800のアイデンティティーであるフィンが美しい空冷バーチカルツインエンジンはそのまま引き継がれ、専用ビキニカウルとカフェシートを備えた「W800 CAFE」と、アップハンドルとタックロールシートを備えた「W800 STREET」という2モデルがラインナップされている。

両モデルともにホイールは前後18インチとなり、リアブレーキをディスク化、LEDヘッドライトにアシスト&スリッパークラッチ、ETC2.0車載器キット、さらに「W800 CAFE」にはグリップヒーターまで標準装備されている。なお価格は「W800 CAFE」が111万2400円(税8%込み)、「W800 STREET」は99万3600円(税8%込み)となっている。(バイクブロス)