現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【ホンダ】タンブル流強化技術により燃費向上! 海外向けスクーター「Activa125」がインドで発表

ここから本文です
車両 2019.6.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダのインド現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドは、2019年6月12日(水)に海外向けスクーター新型「Activa125」を発表した。

同車両はインド国内で施行される排ガスに関する新法規への対応として、吸気ポートの2層化によりタンブル流を生み出す構造のeSPエンジンを採用。PGM-FIやアイドリングストップとの相乗効果で10%の燃費性能向上を実現したという。なお、現時点では日本国内への導入等の情報は発表されていない。(バイクブロス)