現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【ヤマハ】EU5に適合しつつ、更なるサーキット性能を追求!「YZF-R1」「YZF-R1M」をマイナーチェンジし9月に欧州で発売予定

ここから本文です
車両 2019.7.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハがスーパースポーツモデル「YZF-R1」「YZF-R1M」をマイナーチェンジし、2019年9月より欧州で発売する予定だ。

同車両は欧州のEU5排ガス規制へ適合しながらも現行モデル同等の出力を維持するためにシリンダーヘッドを新作。電子制御スロットルやサスペンションの改良によりサーキット性能を向上させたという。カラーはディープパープリッシュブルーメタリックCとブラックメタリックXの2色。電子制御サスペンションやカーボンカウルを装備した上位モデルの「YZF-R1M」はブルーイッシュホワイトメタリック2のみ。価格は2019年9月に発表予定となる。なお、日本での発売は2020年秋以降の予定だ。(バイクブロス)