現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【ホンダ】実用性に優れた原付二種スクーター「リード125」がカラーバリエーションを変更して10/1に発売

ここから本文です
車両 2019.8.30
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは原付二種スクーター「リード125」のカラーバリエーションを変更し2019年10月1日(火)に発売する。

同車両は大容量のラゲッジスペースやアクセサリーソケットなど、実用性の高い装備で支持されているモデルだ。今回のカラーバリエーション変更では、新色としてパールダークアッシュブルー(ツートーン)、ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)、キャンディラスターレッドが登場。継続色のパールメタロイドホワイト(ツートーン)、ランベントシルバーメタリック、パールメタロイドホワイトを含め6色をラインナップ。価格は単色のモデルが31万5,700円(税10%込み)、ツートーンが31万9,000円(税10%込み)となる。(バイクブロス)