現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【カワサキ・東京モーターショー2019】噂のスーパーチャージドエンジン搭載バイク「Z H2」を発表

ここから本文です
車両 2019.10.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月24日(木)~11月4日(月)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第46回東京モーターショー2019」。カワサキは10月23日(水)に一般公開に先駆けて行われたメディア向けのプレスカンファレンスにおいて「Z H2」を発表した。

世界初公開となるこの車両は、新設計のトレリスフレームに軽快なハンドリングと高い剛性を併せ持つフロントサスペンション「SFF-BP(Separate Function Fork-Big Piston)」を装備。搭載される998ccの水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンは最高出力200馬力、最大トルク14.0キロを叩き出す。また、ボディワークはZシリーズで採用される「Sugomi」デザインを踏襲しながらも、アシンメトリーに設計されたエアインテークやフレームマウントされたヘッドライトにより既存シリーズとの差別化を図っている。なお、現在のところ発売予定日や価格の発表はない。(バイクブロス)