現在位置: carview! > バイク > ニュース > 車両 > 【ドゥカティ】ほとんどのシャシ構造部材にカーボンを使用! 至高の公道マシン「スーパーレッジェーラ V4」が登場

ここから本文です
車両 2020.2.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥカティは「スーパーレッジェーラ V4」を発表した。このモデルは限定500台の生産を予定しており、2020年6月より欧州から順次発送される予定だ。

フレーム・サブフレーム・スイングアーム・ホイールにカーボンを使用するこの車両は、ベースモデルから重量で6.7kgの軽量化を実現。エンジンの最高出力は公道走行可能な状態で224馬力。レーシングキットを装着した場合は234馬力を発生し、パワーウェイトレシオは1.54ps/kgになる。(バイクブロス)