現在位置: carview! > バイク > ニュース > トピックス > 【ドゥカティ】鬼才マッシモ・タンブリーニが所有するプロトタイプの916がドゥカティ・ミュージアムに登場!

ここから本文です
トピックス 2019.8.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥカティはスーパーバイク「916」の発売25周年を記念し、同車両のデザイナーでもあるマッシモ・タンブリーニ氏が所有するプロトタイプ3台のうち1台をドゥカティ・ミュージアム(イタリア・ボローニャ)に2020年1月15日(水)まで展示する。

展示される車両は「916 SP」に近い仕様となっており、外装のほとんどがグラスファイバー製。軽量化された片持ちスイングアームと5本スポークのマグネシウムホイールは、その当時のレーシングマシンにのみ装着されていた物とのことだ。ドゥカティの歴史の中でもエポックな存在のマシンだけに、ドゥカティファン注目の的だろう。(バイクブロス)